フロアコーティングを自分でやるための手順

>

フロアコーティングを業者に依頼すると

業者に頼んだ場合の「相場」

業者に委託した場合、フロアコーティングにかかる「予算」はだいたい15万円から25万円です。

かなり大雑把に見積もりました。
なぜならば、フロアコーティングは施工の種類や範囲によって「予算」にかなりの差が生まれてくるものだからです。

場所によっては5万円ほどで済む場合もあります。
また広い範囲で、かつ高価な施工をする場合、最大で50万円かかる場合もあります。

よって、ご家庭が施工を依頼した場合、よくかかる「予算」が15万円から25万円くらいとお考えください。

私たちは「予算」をなるべく安く抑えるのが大好きです。
あなたもそうだと良いと思います。
幅広い施工技術を持つフロアコーティングについて、是非一度お見積りしていただきたいと思います。
より細かい「予算」が導き出せます。

業者が行うフロアコーティングの種類

フロアコーティングは奥が深いだけでなく、施工の幅もとても広いです。

先に種類を4つご紹介いたします。
是非覚えておいてください。

「ウレタン」「ガラス」「シリコン」「UV」です。

ちなみに、この順番は安価な順番ですので、順番も一緒に覚えておくと便利です。

これらはそれぞれ特徴があり、効果も違います。

一例を挙げると「UV」はとても分かりやすいかもしれません。
フローリングは日焼けをして、気が付けば色が変わっていたりします。
「UV」はこの日焼けの耐性がとても強いのです。
あなたのニーズに合うものが必ずあると思います。

次に、耐用年数の違いをご紹介します。

長持ちする順に「UV」「ガラス」「ウレタン」「シリコン」です。
耐用年数を最長で20年で設定している業者もありますので、いかにフロアコーティングが長持ちか分かります。


シェアする